るしにゃん王国

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

■2297 / 3階層)  RP
□投稿者/ クレール 一般人(39回)-(2009/02/13(Fri) 15:16:44)
    第四階層まで進んだ先で見たものは、遺跡に操られて暴走するリワマヒの国民達であった。
    息つく間もなく、足音を察知してアタック部隊を見つけた彼らは操られていない人間へと襲いかかる。
    ナナ:「まっ、待ってって!うちらはあんたたちを助けにきたんだってば!」
    たいふーん:「ナナさんあぶない!」
    ぷーとら:「何かに操られているようです!説得はともかく、連携防御を! はやく!」

    ぷーとらの号令にうながされるまま連携防御の体制に入る4人+たいふーんに引っ張られるナナ。
    迷宮の底にいるものの影響が強くなっているのか、これまでよりも激しく、また人間のものと思えない猛攻を必死で防ぐ彼らは、詠唱に至らんばかりに祈った。
    神の加護も届かない地の底かもしれないけど、どうか迷宮を封印し、皆を助けられるようにと。

    /*/

    猛攻の間隙を縫ってチーム:アルフは王女親衛軍第一騎士団と連絡をとり、リワマヒの国民を気絶させにいくことを聞くと、彼らは急ぎ治療へと向かった。
    医療回しの危険性は先の戦いで身にしみているものの、それが最善手。
    装甲も火力もない医師は、自らのARを他者に捧げることしかできないのだから。
    ぷーとら:「チーム:アルフ,到着です。患者はっ!」
    Chess:「疲労度に応じてトリアージするにゃー。あんま疲れてない人はこっちでマッサージだにゃー。」
    深専:「おらおら、さっさと回復すっぞー。一列にならべー。」

    /*/

    チーム:オンスの支援行動、たけきの藩国のリワマヒ国民との戦闘を見ながら、器材を片付け、チーム:アルフはその先を見据えた。
    次はいよいよ最下層。遺跡の封印まで、あと一手である……。

    (約474文字)
削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←チーム:アルフ2 /クレール 返信無し
 
上記関連ツリー

Nomal 遺跡の封印対応スレッド / クレール (09/02/09(Mon) 23:56) #2283
Nomal 一回目草稿 / クレール (09/02/10(Tue) 00:06) #2284
│└Nomal RP / クレール (09/02/10(Tue) 21:29) #2285
Nomal 2回目準備 / クレール (09/02/10(Tue) 23:35) #2286
│└Nomal 3回目草稿 / クレール (09/02/11(Wed) 20:01) #2288
Nomal 3回目準備 / クレール (09/02/12(Thu) 20:12) #2289
│├Nomal チーム:アルフ2 / クレール (09/02/12(Thu) 20:30) #2290
││└Nomal がうがうちゅー / クレール (09/02/12(Thu) 21:48) #2292
│└Nomal チーム:オンス2 / クレール (09/02/12(Thu) 20:34) #2291
│  └Nomal RP / クレール (09/02/12(Thu) 23:58) #2293
Nomal 4回目準備 / クレール (09/02/13(Fri) 00:22) #2294
│├Nomal チーム:アルフ2 / クレール (09/02/13(Fri) 11:13) #2295
││└Nomal RP / クレール (09/02/13(Fri) 15:16) #2297 ←Now
│└Nomal チーム:オンス2 / クレール (09/02/13(Fri) 11:13) #2296
│  └Nomal RP途中 / クレール (09/02/13(Fri) 15:43) #2298
Nomal 5回目準備 / クレール (09/02/14(Sat) 08:48) #2299

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信

Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -