るしにゃん王国

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

■2292 / 3階層)  がうがうちゅー
□投稿者/ クレール 一般人(34回)-(2009/02/12(Thu) 21:48:16)
    ぷーとら:「み、みなさん準備いいですかー。これから他の人と一緒にリムーブトラップしますよー。」
    ナナ:「はぁーい。」
    Chess:「了解ですにゃー」
    深専:「俺ら医者なのになんで罠突破するんだ・・。まぁ、いっか。」
    たいふーん:「わかりました。」

    なぜかぷーとらが指揮をとっているのは、るしふぁ王に他国と連絡を行う通信機を任されているからである。
    点呼を兼ねて確認をとった後、通信機に向かってぷーとらは連絡を入れる。
    「たけきの藩国さんですか。こちらチーム:アルフ2です。準備できました。
     ……はい、そちらの藩王に合わせる形ですね。…はい。了解しました。」
    通信を終えると、もう一つの部隊、チーム:オンス2のなっしゅに目をやり、僅かなボディランゲージでお互いの状況を確認しあう。
    今回のダンジョンアタックは時間との勝負だ。戦線の突破が確認されると同時にチーム:オンス2は一直線に第四階層への階段に向かい、アルフ2は他国と協調してトラップの解除にあたる。
    そしてトラップ解除と前後してオンス2らが移動経路を確保、一気に2階層突破というわけだ。
    どれもが失敗してはならないギリギリのコンビネーションである。

    ぷーとらは、乙女と一部エースや国内で呼ばれる人物である。
    しかしAの魔法陣をバージョン1からプレイしていたほどの古参にして熟練でもある。
    そして共にいるのはアイドレスから始めた、アイドレスで初めてあった人ばかり。
    無名世界観で死地を渡った数なら一日の長があるのだから、私がみんなをフォローしなくてはと、地の底へ進むと共に決意を固めていたのであった。
    今では声の震えは収まり、表情も凛としたものへと変わっている。もう一つの乙女の姿を体現しようとしていた。
    そう、戦う乙女、恋する乙女のそれに。

    ぷーとら:「PPGさんとの連絡もとれましたね? …OK。
    それではあちらの指令にあわせていきます。3,2,1・・。GO!」
削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←チーム:アルフ2 /クレール 返信無し
 
上記関連ツリー

Nomal 遺跡の封印対応スレッド / クレール (09/02/09(Mon) 23:56) #2283
Nomal 一回目草稿 / クレール (09/02/10(Tue) 00:06) #2284
│└Nomal RP / クレール (09/02/10(Tue) 21:29) #2285
Nomal 2回目準備 / クレール (09/02/10(Tue) 23:35) #2286
│└Nomal 3回目草稿 / クレール (09/02/11(Wed) 20:01) #2288
Nomal 3回目準備 / クレール (09/02/12(Thu) 20:12) #2289
│├Nomal チーム:アルフ2 / クレール (09/02/12(Thu) 20:30) #2290
││└Nomal がうがうちゅー / クレール (09/02/12(Thu) 21:48) #2292 ←Now
│└Nomal チーム:オンス2 / クレール (09/02/12(Thu) 20:34) #2291
│  └Nomal RP / クレール (09/02/12(Thu) 23:58) #2293
Nomal 4回目準備 / クレール (09/02/13(Fri) 00:22) #2294
│├Nomal チーム:アルフ2 / クレール (09/02/13(Fri) 11:13) #2295
││└Nomal RP / クレール (09/02/13(Fri) 15:16) #2297
│└Nomal チーム:オンス2 / クレール (09/02/13(Fri) 11:13) #2296
│  └Nomal RP途中 / クレール (09/02/13(Fri) 15:43) #2298
Nomal 5回目準備 / クレール (09/02/14(Sat) 08:48) #2299

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信

Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -